台風の被害は火災保険で?

公開日: 

253453
このところ、異常気象のせいか

台風が異常に多く発生していますよね

しかも、季節外れのものも多く、強風や竜巻から
大規模水害まで・・・

さて、戸建ての家の場合は、マンション型に比べて
いろんなところに被害が出てきます

瓦等の屋根や雨どい、カーポート・屋根上のTVアンテナ
等が、強風により破損や飛んで行ったとしたら

修理費用は高額になることでしょう

しかし、この修理代が無償になる可能性があるとしたら

私の経験談も入れながらご説明します

スポンサードリンク

台風の被害は火災保険で?

結論からいうと“火災保険”で全額支払われること
になります。

ただし、最終的には契約の保険内容によって異なる
ので、ご注意ください

私の家(戸建て)の場合、10年近く前に上陸した
台風から直撃を受け、コロニアル屋根材を最上部で
止めている鉄板のカバー(かなり大きいもの)が、
道路まで飛んで落下しました

そこで、知り合いの業者へ依頼したところ、
35万の見積書が出て、ビックリ!

スポンサードリンク

しかし、その業者から「火災保険には入っているか?」
と訊かれ、なぜ火災保険?と質問したところ、
「この被害状況を見る限り火災保険の適応内になる」
との即答に、さらにビックリ!

というのも、30年の住宅ローン(当時は住宅金融公庫)
で家を建てた際の条件が、火災保険だったので、そのまま
契約中でした

一応、保険会社(損保ジャパン)へ電話してみると、
「保険金の請求書類に記入後、業者見積を同封して郵送」
との指示がありました

書類送付後、一週間程度で“全額”振り込まれ、

一切調査もなく、書類だけであっけなく完了となりました

台風で車に被害の場合

台風による大雨やゲリラ豪雨、洪水や高潮による水害など
は、車の任意保険の「車両保険」(エコノミー型含む)
から保険金が支払われます

その他として、

・暴風により近所の看板や自宅の屋根瓦が車に飛んできた

・冠水で水没

・機械式駐車場ごとの水没

・豪雨による土砂崩れに巻き込まれた

・暴風で木が倒れて車に当たった

などが該当します

まとめ

確かに保険証書には、細かく規定や契約内容が

書かれているでしょうが、

細かな字で、ビッシリと書かれていると

見慣れない文言と共に、「よくわからん!」状態へ

経験者としてのアドバイスは、

まずは、加入している保険会社へ“電話”して

尋ねることが早道だと思います

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑