ふにゃふにゃキュウリを復活させる方法は?

公開日:  最終更新日:2017/05/31

買った時はシャキッとして、美味しそうだったキュウリも、冷蔵庫に
入れて、数日後に「サラダにしよう♪」と取り出してみると・・・

“ふにゃふにゃ”になった姿で、悲しくなったことってありますよね。

今から買い足しに行く時間もないし、とりあえず水に漬けてみたけど
なかなか期待どおりには戻りません。

そんなキュウリを、短時間にシャキシャキの歯ごたえに復活させ、しかも
旨みが増す、おどろきの技をお教えします!

スポンサードリンク

キュウリをシャキシャキに復活させる

冷蔵庫の野菜室に何日も忘れ去られて、ふにゃふにゃにしおれて、
やる気が無くなったキュウリを見ると、自分のせいで申し訳ない気持ちと
罪悪感を抱いてしまいます。

でも、もう大丈夫!

簡単にシャキッとさせる方法があります。しかも短時間で。

その方法は・・・

 

【氷水に着け置きする!】

 

これだけです!

 

そして、氷水につけて置く時間は、キュウリの新鮮度合いによりますが、
目安の時間は、買ってきてからどのくらい経ったものか?で決まります。

《氷水に着ける時間》

・1日程度 ⇒ 10分
・2~3日 ⇒ 1時間
・4日以上 ⇒ 1晩

なお、4日以上経って“ふにゃふにゃ”になったキュウリを、1晩で復活
させる方法は、

1.口が閉められる厚手のビニール(ナイロン)袋に、氷と水を入れる。

2.その袋の中へキュウリを入れて口を閉める。(量を考えてホドホドに)

3.冷蔵庫のチルド室に保管して“1晩”待つ。

以上で、シャキ!!っとなります。

スポンサードリンク

 

どうして氷水で復活するの?

キュウリは、ほとんどが水分で作られています。

冷蔵庫の中でキュウリが、ふにゅふにゃになるのは、細胞から
この水分が失われていくからです。

なんと、驚くことに3日間で1割もの水分が無くなります。

このキュウリの表面にある気孔(呼吸のための細胞間の孔)は
大切な水分の蒸発を抑えるために通常は閉じています。

ところが、

水に着け置きすることで、気孔が開いて、そこから失われた
水分が戻ります。

そして、氷の冷たさにより“細胞壁”が固くなってシャキッ!と
するんです。

しかも、この方法は見た目だけの復活ではありません。

キュウリの細胞と細胞の間にあるペクチンと呼ばれる栄養素が
氷水につけることで固くなって、細胞同士をシッカリ結合させて
歯ごたえが良くなって、しかも旨みもアップするんです。

 

その他の野菜では?

この「氷水に着け置きする方法」は、その他の野菜や果物でも
効果があります。

特にレタスやホウレン草のような“葉物野菜”には、おどろくような
効果があります。

注意することは、『着け過ぎないこと』だけ。

何日も氷水に着けたままにしておくと、冷えぐされすることがあります。

なんでもそうですが、ほどほどが大事ですね。

 

また、私が個人的に好きなのは“野菜ステック”。

ビールやワインのおつまみとしても最高です。

キュウリはもちろん、ニンジンやダイコンをカットして、氷水を入れた
大き目のグラスに、突っ込むだけ。

みるみるシャキッと瑞々しく復活して、美味しさも見た目もバツグン!

 

 

まとめ

一時期流行した“50℃のお湯で復活させる”も確かに効果はありますが、
氷水への着け置きの方が、暑い夏にはピッタリだと思います。

しかもビックリする効果もありますし・・・

 

この方法、ぜひぜひお試しください。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑