七夕のササの葉って、竹の葉っぱのこと?

公開日: 

“さ~さ~の葉 さーらさら♪”

暑い日が続き、七夕が近づくと、つい口ずさんでしまうこの歌。

小学校の音楽の時間に歌っていた「たなばたさま」という唱歌。

なにか、懐かしくてゆったりとした気分になります。

さて、

この『ササの葉』って、何か知っていますか?

スポンサードリンク

ササの葉って、竹の葉っぱのこと?

答えからいうと、

『ササ(笹)とタケ(竹)は、違うものです!』

ササ(笹)は、タケ(竹)に似た、タケより小型の植物です。

植物学上は、もちろんシッカリと区別されていますが、両者は非常に
似ているため、一般的には明確な区別をつけない場合もあります。

ササ(笹)は、単子葉植物イネ科タケ亜科(むずかしい・・・)と呼ばれる
類に含まれる植物のことです。(略称:タケ科)

両者の違いは以下のとおりです。

■タケ(竹)
地下茎(ちかけい)が横に伸びて成長し、その地下茎は当初、鞘(さや)
に包まれているが、成長と共に鞘が剥がれて伸びていく。

スポンサードリンク

■ササ(笹)
タケと同じく地下茎が横に伸びるが、その地下茎を包む鞘(さや)は
剥がれず、枯れるまで残る。

また、ササはタケより小さいのが一般的ですが、種類によっては逆転する
ものもあるんです。

さて、次は同じ種属でもある“バンブー”についてお話しします。

バンブーって、竹の英語じゃないの?

ササやタケと同じ「タケ科」に属する植物として“バンブー”があります。

え???

バンブーって、竹の英語じゃないの?

と思われています(ネットの和英変換でもあるようです)が、バンブー
(Bamboo)は、地下茎を持たない植物なので竹ではありません。

ちなみに、正式な英語では、竹(タケ)⇒TAKE、笹(ササ)⇒SASAです。

おもしろいですね。

江戸時代後期に、長崎に来た医師シーボルトが、世界(ヨーロッパ)に
TAKE、SASAと紹介して広まり、正式な名称になったそうです。

ちなみに、バンブーは『バンブーダンス』でご存知の方も多いと思います。

お笑い系のテレビ番組やレクレーション等で行われることが“アレ”です。

長い2本の竹の両端を2名が両手で持ち、しゃがんだ状態で3拍子のリズムに
合わせて平行に動かして開閉します。

そこへダンサー役(参加者)が、足を挟まれないようにステップを踏む競技
です。

ちょっと懐かしい遊びですね♪

まとめ

七夕の季節が近づくと、笹と竹は違うもの?  と、
疑問のままの方が多いと聞きます。

また、笹の葉は、パンダの好物として有名になりましたが、竹の葉では
いけないのでしょうか。

また、新たな疑問が出てきました。

機会があれば調査してお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑