台風の大きさや強さって?風速ってなに?

公開日:  最終更新日:2015/10/14

最近は異常気象のせいなのかわかりませんが、台風が増えて

いますね。

しかも、季節外れにも多く、また大型の台風や異常な風速の

風を伴ったものが本当に増えていると盛んに報道されている

ようです。

199189

さて、天気予報などで使用されている「台風の大きさ」って

どのように決められているのでしょうか?

また、「台風の強さ」ってなんでしょうか?

チョット確認してみましょう。

スポンサードリンク

台風の大きさってナ~ニ?

まず、台風のおおよその勢力は、10分間の平均“風速”

をもとに、気象庁では以下のように、台風の「大きさ」と

「強さ」を表しています。

【台風の強さの分け方】※最大風速によって決める

スポンサードリンク

 ・33m/s以上 ~ 44m/s未満 〔 強 い 〕
 ・44m/s以上 ~ 54m/s未満 〔非常に強い〕
 ・54m/s以上 〔 猛 烈 な 〕

【台風の大きさの分け方】※風速15m/s以上の半径

 ・500km以上 ~ 800km未満〔大型(大きい)〕
  ※東京を中心として東は仙台から、西は大阪まで!

 ・800km以上 の場合  〔超大型(非常に大きい)〕
  ※東京を中心として東は北海道函館から、西は下関
   までスッポリと入る大きさ!脅威ですね

台風のときの風速ってナ~ニ?

最初に、風速は“秒速”で表します。

つまり、風速の単位は「m /s」で表記されます。

“s”は“second(秒)”です。

ちなみに、風速1m/sの時速は、1時間=3600秒

ですので、『3.6K』になります。

先日、50年ぶりに「風速81m/sを観測した」との

ニュースがあっていました。

この猛烈な風は、300kで走る新幹線の屋根の上に

立っているようなものです。

これは、たぶん一瞬で飛ばされるのでしょうね。

まとめ

今回は取り上げていませんが、最近の台風への対策も

お住まいの近辺を考慮しながら早めに必要ですね。

そして、強風が続くのであれば、出来る限り外出は

控えるようにされて身の安全を守りましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑