一寸法師って、なぜ??

公開日:  最終更新日:2017/01/21

283055

日本昔話や童話に必ず出てくる一寸法師。

最近は、CMでも使われて人気のようですね。

さて、この“法師”って一体なんでしょう?

スポンサードリンク

そもそも法師とは?

法師(ほうし)とは、
大きく2通りの意味を持ちます。

まず、仏法によく通じて広める者(僧侶:そうりょ)のなかでも
仏教の教義が説かれている経典に詳しく、人の師となるほどの
学識経験を備えた僧侶に対する敬称です。

次に、別の意味としては・・・

名詞に添えて人の意を表す呼称のようです。
また、多くは「ぼうし」と濁して読みます。
例として、「影法師」「起き上がり小法師」「つくつく法師」など
が有名ですね。

 

では、一寸法師は?

では、一寸法師の話を想い出していただきたい。

スポンサードリンク

子どもを授かることが出来ず老人になってしまった老夫婦が、
住吉の神に「指くらい小さくても構わないので子どもが欲しい」
と心から願うと、老婆に親指ほどの子を授かった。

本当に小さく、一寸(約3cm)ほどの男の子であったために
“一寸法師”と名付けた。

成長した一寸法師は、身長こそ変わらないが、ひとりで京に行って
手柄を立てて「侍(さむらい)」になりたい。とのわがままで、

おじいさんに、針で刀を作ってもらい、おばあさんには、お椀の
船と、箸のローで、川を漕いで、京の街へ向かった。

と、書かれてあります。

どうみても、どう考えても、僧侶ではなさそうですよね。

とすると、当時の流行の男の子の名前として、使用されたと予想
するのが自然のようです。

393245

まとめ

この一寸法師のストーリーは、長い年月をかけて変化してきて、
現代の話は、サクセス物語になっているようです。

お時間があれば、原書の「御伽草子」をご覧ください。
かなり恐ろしい内容で、現在とはまったく異なった一寸法師が
描かれています。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑