浦島太郎って、なぜ??

公開日:  最終更新日:2017/01/21

111303

浦島太郎って、日本の童話では珍しくハッピーエンドじゃないですね。

この話って、なにか深い意味がありそうですが、

この誰でも知っている話なのに、不思議に声をあげない“なぜ?”を

まとめてみました。

スポンサードリンク

なぜ、玉手箱を開けたのか?

楽しかった龍宮城のお土産に頂いた“玉手箱”。

しかも、受け取る際に、「けっして開けてはなりません」と言われて
いたにも関わらず、なぜ浦島太郎は開けたのでしょう?

これが、このストーリーの最大のミステリーであり、キモになるところ
だと思います。

確かに、物語のアナウンスには、「龍宮城」での暮らしは数日間程度だが
現世とは数十倍もの差があり、年齢時間が急激に戻っていったことを説明
していますが・・・

太郎は知るよしもありません。

 

そこで、以下の仮説を立てます。

【仮説1】反発的行動

故郷に戻って、自宅がある集落に行ったが、すっかりと風景も変わり、
親兄弟はおろか、友人知人も含め、誰一人の知り合いがいなく、
絶望と共に、投げやりになり、反発的な行動(やってはいけないこと)
に走っていった。

 

【仮説2】空腹的行動

故郷に戻り、家族や知人を探し回ったが、誰もいなく、自分と両親の
墓に出会い、深い絶望と共に、急激な空腹に襲われ、持っていた重箱
(玉手箱)の中は、龍宮城で食べていた御馳走が入っているに違いない
と考えてしまった。

 

【仮説3】自己満足的行動

現実の絶望感の中で、楽しかった龍宮城を思い出し、開けることを
注意されたが、「どうせ見られていないし、少しぐらいいいだろう」
と興味と共に、自己満足的な思いを持ってしまった。

なぜ、海の中でも大丈夫なのか?

助けた亀につーれられてー♪

との記述があり、絵本では、海の中を、大きなウミガメの甲羅の上に

跨った浦島太郎が、描かれています。

 

また、龍宮城も深い深い海底にあり、タイやヒラメの舞い踊りを観て

スポンサードリンク

楽しんだことも描かれています。

幼少の頃、絵本を読んでもらった時には何にも思わなかったのですが、

さて、ひとが“なぜ”海の中で生きれるのか?という疑問があります。

 

そこで、また仮説を立てました。

 

【仮説1】龍宮城は島にあった

ウミガメに乗って、海を渡った先の、ひとが住んでいなく入り江が
険しい、島に龍宮城(海の楽園)は存在していた。

 

【仮説2】実は夢物語であった

ウミガメが助けてもらったお礼に、素晴らしい“夢”を見せてくれた。
太郎はあまりのリアル感に、夢の認識がなく現実と思い込んだ。
しかも、この夢を見る際は、仮死状態のため老化もしなかった。

 

どうも、あとの展開を考えると、仮説2が有力かと思いますね。

 

なぜ、この話が有名になったのか?

種々の文献によると、浦島太郎の原型は、8世紀に「丹後国風土記」

の中に書かれている物語とされ、「日本書紀」「万葉集」に記述が

あるようです。

(しかし、一般人が読んでも現代版とは異なるように思えます)

 

その後、室町時代の短編物語「御伽草子」の記述が現代版に近づいた

物語となっており、最大のメジャー功労者としては、明治43年から

昭和24年まで文部省発行の“国定教科書”に掲載されたことです。

 

なお、この教科書は「尋常小学読本」といって、桃太郎が先に掲載

されており、現在でも「桃太郎と浦島太郎」の2太郎は、絶大な人気

と共に日本人の大半が知っている物語になりました。

189317

まとめ

しかし、考えれば考えるほど、謎が謎呼ぶ「浦島太郎」。

特に、このハッピーエンドではなく、どちらかといえば、理不尽さ

を感じます。

沢山の謎を秘めた童話の主人公は、やはり素晴らしく面白いですね。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑