夏の暑さ対策、アパートではどうすればいいの?

公開日: 

221295

真夏のカンカン照りの夜は特に厳しいですが、熱帯夜が何日も続く

時は、寝苦しくて堪らないですよね。

木造2階建てアパートの、2階に住んでる方は、住んだことがない

方には分からないくらいの暑さを経験します。

そこで、私の実体験を基に、夏の暑さ対策をお伝えします。

ご参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

暑さの原因は?

暑さ対策を始める前に、まず暑さの原因を探します。

一番暑さが伝わってくる場所を特定することで、対策を最小限度に

留め、特定場所を集中した対策が可能です。

 

木造2階建てアパートの場合、大きく分けて以下の3つに分類できます。

1.窓からの直射型

2.壁からの輻射熱型

3.天井からの輻射熱型

アパートの向き(西や南向き)や、部屋の場所(両端側か中間か)等で

暑さや原因も変わってきますし、全てが原因の場合もあります。

では、分類した原因を1から対策して行きます。

 

1.窓からの直射型

これが、一番多い原因です。

特に、西向きの窓で、西日が直接入る部屋は、一晩中火照っていますね。

対策では、この日差し(特に紫外線)を“遮ること”です。

二重のカーテンは最低限必要なものですが、このカーテンも遮光性が高い

ものの方が効果があります。(薄手でも効果大)

窓の外に“よしず”を貼る(または置く)ことが出来れば、見るからに

涼しさを感じ、効果大です。

私の経験上、一番効果が高かったのは、『紫外線カット・遮熱シート』を

窓に貼ることでした。

自動車の窓に貼ってある黒っぽいシートの家窓版です。

なお、外からは見えないけど、内から外は見えるようになっているので

景色は今まで通りに楽しめます、ご安心ください。

ホームセンターには、いろんなデザインや色のシートが販売されているので、

スポンサードリンク

一度ごらんください。

2.壁からの輻射熱型

お天気が良い日の夕方、窓の横などの壁に手のひらを近づけ、熱を感じれば

それが輻射熱です。

これは、アパートの構造上の問題も絡んできます。

概ね、外装材と部屋の壁の“あいだ”に、断熱材を沢山入れると、外温度の

影響を受けにくくなり、冬は暖かで、夏は涼しく感じます。
(実際に測定してみると歴然の差です)

しかし、そうだ(断熱材なし)として、大家さんへ工事のお願いに行った

としても、工事を始めてくれる可能性は極めて低いと思います。

そこで、壁の二重化をお勧めします。

二重化といっても、特殊な工事等は不要です。

押入れに布団などを入れるときに、使う“すのこ”を使用します。

このすのこを、壁に敷き詰めて、その上からベニア板を張り付け

ます。

これだけで十分効果が発揮され、翌日から悩みが少し解消されます。

223904

3.天井からの輻射熱型

屋根が、瓦かスレートなのかでも、暑さが異なりますが、やはり天井と

屋根の間に、十分な断熱材が必要です。

そこで、この場合どうすればいいか?

大きくて薄い“布”を数枚用意し、天井に撓ませるように、画鋲などで

留める。

 

個人的にはパステルカラーの布の方が、見た目も良く涼しく感じられます。

これで、頭の上から襲ってくる熱源が多少は減ることでしょうね。

また、扇風機などの風により、天井の布が、ゆらゆら揺られて、

何かしら、海の中にいるように感じられ、扇風機だけでも効果が

あります。

まとめ

熱帯夜とは、夕方から朝までの最低気温が「25℃」以上の夜の

ことです。

クーラーがあれば、出来るだけ細目に調整しながら、夏を乗り切ら

れてください。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑