寒い日に車のエンジンは何故かかりにくい?対処方は?

公開日:  最終更新日:2015/11/28

247767

寒い朝、暖かいフトンからやっと抜け出して仕事に行くため
いつものように車のエンジンをかけようと、キーを回したが。
キュルキュル音だけで、エンジンが一向にかからない!

昨夜まで快適なエンジン音で、問題は無かったのに・・・

このような急な車のトラブルは本当に困りますよね。

これはバッテリーなのか?なにか復旧できる対処方はないか?

そもそも、なぜ寒くなるとバッテリーがあがるの?

などをお伝えします。

スポンサードリンク

寒くなると車のバッテリーがあがる?

寒くなると次のような車の環境によってかかりにくくなります。

1.バッテリー性能が低下する

低温ではバッテリー内での化学反応の速度が鈍くなり、
バッテリーの容量が低下してきます。

2.エンジン始動に大きな電流が必要になる

エンジンオイルは寒さにより、硬くなって抵抗が増えるため、
スターターを回すのに夏季に比べ、1.5倍以上の電流が必要に
なってきます。

3.車内の電装品の使用量が増加したため

冬は日照時間が短く、ライトやエアコンの使用が増えます。
年末年始の帰省やドライブ等で渋滞中の場合は、ブレーキ
ランプやカーオーディオ等により、電気使用量過多になっ
ることが増えたことによりバッテリートラブルも多発して
いるそうです。

スポンサードリンク

その他の原因としては?

その他の原因として、車に長期間乗らないことによる自然放電
があります。

また、充電系統(ヒューズ含む)の不良やバッテリーの寿命、
スモールライトの消し忘れやハンドアによる放電が考えられ
ますが、原因は多岐に渡っているため、原因の特定は難しい
ですね。

では対処方は?

バッテリーは車の乗り方(毎日 or 時々)などで異なります
が、概ね「3年から5年」で寿命と言われていますので、
もしも交換時期が過ぎているようでしたら、買い替えがお勧め
です。

さて、出勤する朝に車のエンジンがかからなくなったことから
なにかしら対処方は無いのでしょうか。

1.ブースターケーブルを使って他の車から電気を供給
他の車があればこの方法でもありかなっと思います。

2.昼まで待ってから始動
前項で触れたように、昼になって気温が上がれば始動
しやすくなります。

3.JAFを呼ぶ
この方法が一番間違いなく、早く解決する方法です。

ただし、JAF会員であれば“無料”でやってくれます
が、非会員だと以下の料金が必要です。

■非会員⇒昼間:12,500円・夜間:14,500円

ちなみに、JAFの会費は「4,000円/年間」です。
1度でもトラブル対応を依頼すれば元が取れますね♪

まとめ

冬の寒い朝は、人間だけではなく車も、動きたくないかも
しれないですね。

ご自分の愛車は、やはりご自分で時々点検することが必要
です。
時々でも見ていると、そろそろこの部品も交換時期かなぁ
などが見えてくると思います。

では、安全運転で、いってらっしゃーい!

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑