初詣のおみくじの期限は?引き直しってあり?

公開日:  最終更新日:2015/11/03

270070
家族や友人らとの初詣

日本のお正月の楽しい行事ですよね♪

人々で賑わっている参道のいろんなお店を観ながら
目的地に向かってゆったりとした特別なひととき

そして、長い列に並んでのお参り

その後、恒例のおみくじを引くと・・・

でも、楽しい気持ちで引いたおみくじが“凶”

「これって今年一年間が凶(=悪いこと)だってこと?」
「なんかイヤだから引き直していいかなぁ」

等と、悩みますよね

そもそもおみくじに有効期限って?

チョット考えてみましょう

スポンサードリンク

初詣のおみくじの有効期限は?

初詣の参拝後のおみくじは
お正月の楽しみのひとつでもありますよね

さて、答えからいうと

おみくじに有効期限は“ありません”

おみくじは『今現在の』あなたの運氣を表しているもの

です

したがって、今年一年を“占うものでは無い”のです

では、“吉”の場合と“凶”の場合はどのように見るか
ですが、

・吉(以上含む)その勢いで更に上を目指しなさい

スポンサードリンク

・凶(以下含む)気を引き締めて努力しなさい

ということです

重要なのは、吉凶よりも書かれている内容です

特に“凶”には、厳しいことが書かれていますが、
神様からの励ましのおことばがたくさん書かれています

すぐに木に結び付けてしまうのは、大変もったいない

自分を戒める意味でも持ち帰って、なにかあったら読み
返すことも良い方法だと思います

 

おみくじの引き直しは?

しかし、おみくじの吉凶が、どうしてもイヤだ!
引き直して、次は思ったどおりのものを引きたい

と考えるのもひとの思いです

その場合は、

後日改めて参拝したあとに引くようにしましょう

もともと おみくじは、神様へのお願いごと(参拝)を
するときの最後に、

「この願いごとは どうすればかなうか教えてください」
とお願いします

そして、おみくじをひく際にも 教えて欲しいことを思い
浮かべることです

その結果が、おみくじにはギッシリと書かれています
実に深いですよね

しかし、これが正しい作法なのです

まとめ

もともと神様は、お参りしてくれる人々を不幸にしよう

とは思っていません

 

したがって、おみくじに書いてあることは、すべて現在
のあなたへ注意をしてくれているのです

さらに言えば、自分の都合で良い方に解釈して、プラス
に考えるものなのです

お正月以外でも、悩んだときには

神様からのアドバイスを受けに行きませんか?

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑