年賀状に手書きで一言いれたい!

公開日:  最終更新日:2015/12/27

295400

年末が近づくと気になるのは、“年賀状”
と、思う方も多いかと思います。

最近では、若い方はもとより、中高齢者も、年々と年賀状
離れが増えているそうです。

しかし、貰ったときに嬉しいのは、「あけおめ」メール
よりは、暖かさが伝わる“年賀状”ではないでしょうか。

とは言っても、宛先から本文までを、全て手書きで書く
時間もパワーも無いので、「印刷に頼む」または
「パソコンで作り自宅で印刷」が、一般的ではないでしょうか。

 

でも、いくらデザインが良くてカラフルであっても、
印刷だけでは、なんか寂しく、なんか味気ないと感じる
のは、私だけではないと思います。

スポンサードリンク

年賀状に手書きで一言いれたい!

「本年もよろしくお願いします」

「皆さまのご多幸をお祈りします」
などは、印刷済み。

であれば、それ以外のことを書きたいですね。

でも、

いつもいつも、

「お元気ですか?」だけでも能がないし、

印刷された文言と同じ言葉(本年もよろしく・・・)

は、どうみてもおかしいですしね。

287627

スポンサードリンク

送る相手によって変わる一言は?

送る相手を種類別で考えると、

1.長年会っていない学生時代の友人

「いつか会いたいですね」
※本心としては、1対1では話題に詰まりそうで
あまり会いたくないけど、同窓会とかであれば
会いたい。

2.長年会っていない退職された上司や先輩

「またお会いしたいですね」
※本心としては、学生時代の友人と同じで
OBと集まる機会があればの意味。

3.時々会っている昔からの友人

「また呑みに行こうな」
※本心としては、誘ってほしいんだけど。

4.毎日のように会っている会社の同僚

「目標必達で頑張ろう!」
※本心としては、嫌だけどポーズも必要。
上司には、更に強いポーズが必要です。

などがありますが、

その他として、親戚や趣味関係の方々などは個別で
必要になるかと思います。

 

無難な一言は?

長年会っていない方には、願望を込めて

「~~~出来たらいいですね」

が、無難な一言だと思います。

例として

1.もう一度、みんなでワイワイやれたらいいですね。

2.昔の話で楽しくお酒を交わしたいですね。

3.今年もいい年になるといいですね。

をお勧めします。

相手に合わせ、アレンジして使ってください。

 

まとめ

年賀状に一言書きたいと思って、筆を取って

いざ、書こう!っと思っても、
なかなか文言が出てこないのが普通ですが、

受け取った相手の立場になって考えれば

おのずと言葉が出てくるようです。

肩の力を抜いてリラックスしながら、まったりと

年賀状を書きたいものです。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑