ハロウィンのイベントを家族で楽しめるところは?

公開日:  最終更新日:2016/08/14

510664

すっかり日本でも定着して、3大イベント(?)の仲間入りになった

“ハロウィン”。

 

楽しみ方は、人それぞれですが、「大きい仮装パレードを見たい」から

「パレードに参加したい!」等のハロウィン・イベント初心者向けに

楽しみ方をまとめてみました。

スポンサードリンク

ハロウィンのイベントに参加するには?

ハロウィンのイベントと言っても、最近は日本全国の街全体で開催する

大掛かりなものから、TDLやUSJ等のテーマパーク単位で企画して

いるものや、モール型店舗やホテル・レストラン単位で行っているもの

など様々なイベントが毎年開催されています。

 

パレードや仮装コンテストに参加・応募したい場合は、本番が10月の最終

土日になっているのが大半なので、申し込みが9月上旬のところが多い

のが現状です。

なかには、6月頃に申し込みを開始しているイベントもあり、夏には既に

申し込み多数で締め切っているところもあるのでお気を付けください。

ご予算をある程度ねん出できるご家族であれば、テーマパークのイベント

に参加される方が、間違いがなくて良い方法と思います。

 

また、10月に入ると、毎週末に予定されている「ホテル」のイベントは、

小さな子どもがいるご家族には最適かも知れません。

もちろん、ホテルにもよりますが、ひとり5千円程で美味しい料理が楽しめ

仮装パーティやコンテストに気軽に参加でき、コンテスト上位者には

無料宿泊券やお食事券などの豪華商品が付くのが特徴です。

スポンサードリンク

 

271030

川崎ハロウィンへの参加

関東地区において、お金が掛からず、イベント初心者でも家族全員が

楽しめて参加できるところが「川崎(カワサキ)ハロウィン」です。

カワサキ・ハロウィン【公式サイト】

ここ川崎は、日本初で開催した原宿表参道パレードを抜き、毎年10万人

を超える参会者数の日本最大級のイベントであり初心者にもお勧めです。

 

【お勧めする理由】

1.行政と商店街が一体となった運営

行政(市役所)や各商店街が「主催」者になっているイベントのため

各地区の自治会や協議会、商工会議所が全面的に協力を行い、言わば

街全体がホスト役として、イベントに参加される(ゲスト)全ての

方々が安全に楽しめる細かい工夫がある。

※例:案内ボランティア配置、着替え場所の提供、駐車場等々

 

2.歴史のあるイベントの強み

20年の歴史(2016年はアニバーサリーイヤー)があり、住民で組織

される自治会では、前年の反省から“より良いものにしたい”という

気持ちが強いため、小さな子供がいる家族連れでも困らない工夫が

随所にされている。

 

3.観客も参加者

パレード(有料)に参加される方も、沿道でパレードを見る観客も

全て“参加者”として、楽しめる“プログラム”が盛り沢山用意され

ている。

カワサキ・ハロウィン【公式サイト】

まずは、一度は様子見として行って見るのも良いでしょうね。

まとめ

家庭内で、全員が揃う夜にハロウィン料理で楽しむのも、もちろん

いいです。

しかし、このようなイベントに出かけてみるのも、今までとは違った

ハロウィンの楽しみ方に触れ、発見するものもあるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑