照りつける夏の日差しへの窓の暑さ対策!

公開日: 

真夏のジリジリとした太陽の日差しの中を歩いたとき、
公園の木陰を通ると、メチャ涼しく感じます。

気温差はあまりないとは思いますが、日差しを遮るだけで、
こんなにも違いがあるようです。

そこで、自宅に目を向けると、日中は家族が不在で、夕方に
帰ると、トンでもない熱射で、エアコンを最大送風にしても
なかなか室温は下がりません。

日差しを遮る、窓の暑さ対策をお教えします。

スポンサードリンク

窓への暑さ対策とは?

本来、窓は、

・部屋の中へ日光を取り入れる
・開けることで外気を取り入れ新鮮な空気を循環させる
・外の景色を観て楽しむ

などのお役目があります。
このお役目は、人が暮らすうえで健康に直結する重要なことです。

 

しかし、夏、特に真夏に限っては、開けると熱気や熱風が入り、
閉めても日光で、室温がグングン上がってしまいます。

もちろんカーテンは使用されているでしょうが、一般的なモノでは
効果がうすいように感じられます。

そこで、次章では、窓の暑さ対策への具体策をお伝えします。

具体策は?

数々のサイトでも似通った商品の紹介がありますが、ココでは
私(筆者)の家で試したモノや、友人宅で使用したモノだけを
お伝えします。

 

窓用フィルム

これが、試した中で一番効果が高かった対策方法です。

しかし、UVカットフィルムという名称で、ネット販売でも様々な
種類や価格が有りすぎて、
「何を選んだらいいの?」状態になります。

 

まず、基本を整理しましょう。

UVカットの“UV”というのは、紫外線(UltraViolet)の略。

ご存知のとおり、人体(目や皮膚など)に悪影響をもたらす光線でも
ありますよね。
でも、この紫外線自体は“熱”を持ちません。

 

では、この“熱”を伝える光線は何だと思います?

日本では一般的に普及している「電気コタツ」が利用しているもの。
コタツの光は暖かいですよね。

スポンサードリンク

そうです、赤外線なんです。

 

太陽の熱は、この赤外線によって運ばれてきます。

ですから、この熱を遮断する効果があることが大事になります。

 

沢山ある窓用フィルムの種類から「遮熱フィルム」で検索すると
グッと絞ることができます。

個人的に、この窓用フィルムが気に入った理由のひとつとして、
窓の目的でもある「外の景色を観て楽しめる」ことです。

中には、真っ黒な物や、カガミのように光り輝く物など景色が
見えない物もあるので、出来るだけ現物で確認して購入するのが
いいと思います。
一般的なホームセンターでも種々の商品が用意され、サンプルも
手に取って確認ができるのでお勧めです。

あと、窓への取り付け(張り付け)は、以前のように難しくもなく
初めてでも、そこそこキレイに貼ることが出来ましたよ♪

 

すだれ(スクリーン)

この方法は、窓の外から日差しを遮るやり方です。

直接、窓自体に日差しが当たらないようにするため、室内温度の
上昇を食い止める効果が絶大です。

しかし、外の景色は見えにくくなるデメリットもあります。

取り付け方法は「すだれ」も「スクリーン」も概ね同じやり方で、
窓の内側(部屋の中)上部に、クギやフックを取り付けて、そこに
本体を吊るすだけで完了します。

竹で編んだモノや淡い風景画などインテリアとしても楽しめるモノも
あり、気分で簡単に替えることが出来るます。

 

タープ

タープは、キャンプが好きな方であれば、良くご存じのものです。

窓の外側(部屋の外)上部から、斜め下へ“日差し除けシート”を
張ります。

したがって、窓の外がテラスや庭がある等の条件が必要になります。

なお、窓の外のテラスが広くてもマンションの高層階などで強風の
恐れがあるところではお止めくださいね。

 

サンシェード

サンシェードは、洋風の“ひさし”になります。

ヨーロッパのカフェなどの写真で見かける布製っぽいやつです。

取り付けは、タープと同じように、窓の外(部屋の外)窓枠上部に
しっかり固定します。

折りたためるモノが多いので、必用なときに広げ、そうではないときは
たたんでおきます。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

窓の暑さ対策として、4つだけ紹介しましたが、その他にももっと
沢山ありますね。

しかし、ウチでもゴーヤ等でいろいろと試してみましたが、結果として
「遮熱フィルム」が一番良かったです。

特に夏が過ぎても問題なく、1年中貼ったままで過ごしています。

まあ「遮熱カーテン」より安価で面倒もなく気に入っています。

ご参考にされてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑