父の日の過ごし方について

公開日: 

最近やっと、世間でも認知されつつあるのが「父の日」です。

しかし、やはり“母の日”に比べると寂しいものがありますね。

そんな中でも、大事な家族の中心である“おとーさん”と一緒に
父の日の過ごし方を考えてみましょう。

スポンサードリンク

ところで父の日っていつ?

毎年、6月の【第3】日曜日です。

 

最近は、テレビCMでも盛んにPRするようになったこともあり、
ずいぶんと認知されたようです。

“母の日”は、前月の5月の【第2】日曜日というのは、幼稚園や
保育園でもイベントとしてあるので、一般的に定着しています。

 

もっとも5月のGW(ゴールデンウィーク)明けの次の日曜日と
いうことで、忘れにくいと思います。

なお、この母の日が先に認知されていることに疑問を持った方が
翌月の6月に父の日を設定したそうです。
(両方共にアメリカで始まった行事です)

 

父の日の過ごし方

さて、本題です。

父の日は、どのように過ごせば良いのでしょう?

はい! 答えはありません。

 

父親(男性)からすると、家族からあらたまって、特別な行事や
お祝いをされると、正直恥ずかしい気持ちでいっぱいになります。

とうぜん、嬉しくない人はいないと断定できます。

しかし、クドイでしょうが、恥ずか過ぎて正直に喜びを表せない
男性が大半ではないかと思います。

では、どのように過ごせば喜んでくれるでしょう。

個人差はあると思いますが、普通一般的な父親であれば、
『家族と共に過ごす』ことが一番嬉しいものです。

スポンサードリンク

 

【例として】

・家族と外食(ファミレス可)
・家族と旅行(日帰り可)
・家族とお出掛け(公園、公共施設、釣り、スポーツ観戦など)
・家族とゲームで楽しむ(室内可)

このように、家族と一緒に共有できるものをチョイスします。

 

プレゼントについて

父の日に、何を贈ればいいか?

っと、よく質問を受けますが、答えとしては「なんでもいい」です。

 

ネット上の通販サイトでは、「喜ばれるランキング」などが沢山あり
目移りしてしまいますよね。

しかし、このランキングなるものは、何に基づいて順位を付けて
いるのでしょう?
また、なぜサイトによってランキングの品々が異なるのでしょう?

 

てなことはさて置き、具体的に参考になるものをお伝えします。

まず、身に付けるもの・・・

洋服やアクセサリ。

時期的に初夏なので、「Tシャツ」や「短パン」、または「サンダル」。

特に、昨今流行してきているのは「甚平」や「作務衣」。

 

次に、消耗品・・・

ちょっと洒落た「ボールペン」や「シャープペン」などの筆記具。

爽やかめの「オーデコロン」。

 

そして、ホンの気持ち・・・

嗜好品として「缶ビール 1本」と「つまみ用のスルメ」。

音楽好きなら「ムーディな曲を集めたCD」。

など、視点を変えて考えるといろいろ出てくると思います。

 

まとめ

世の父親は、自分のことより家族を優先することが多いのです。

しかし、自分自身が幸せでなければ、家族も幸せにはなりません。

できれば、この「父の日」に、父としての自分自身を振り返って
みることも必要なことではないかと思います。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑