親戚の子どもへのお年玉はいつまで?お返しはどうする?

公開日:  最終更新日:2017/01/21

106666
お正月 ご夫婦共に実家で迎える方も多いでしょう。

ご夫婦の兄弟と甥や姪などの親戚とも、久しぶりに積もる話題も
たくさんあると思います。

そんな楽しいお正月、甥や姪への“お年玉”ってどうしてますか?

幼児や小学校、中学生までは収入が無いので、理解できますが・・・

高校生や大学生になって、バイトで稼いでいる話を聞くと、
なんとなく疑問がありますよね。

だいたいお年玉っていつまで?

また、子どもがいない兄夫婦等から高額のお年玉を、自分の子どもに
頂いた時のお返しは、どうすればいい?

皆さんがどうしているか見てみましょう。

スポンサードリンク

親戚へのお年玉はいつまで?

お年玉のことは、テレビやラジオでも特集に組まれるほど
毎年毎年の話題になります。

最近の一般的な考え方であれば、お年玉は未成年まで
が多いようです。

しかし、未成年でも就職している場合は“なし”のようです。

ただし、その親族の考え方や、今までの風習もあるので
一概には言えないのが難しいとこです。

では、親同士でお年玉の話し合いをした場合、話し合いの結果
多い順はどうでしょう?

スポンサードリンク

1.未成年まで
2.一切あげない(出産祝いなどは別)
3.小学生まで(金額は学年で決めておく)
4.就職するまで
5.高校生まで
6.特になし

やはりどこも気遣いが面倒ということと、
金銭的なこともあるようです。

ちなみに、私の一族(?)では、あらたまった親族会議までは
無かったのですが、“4番”になっています。

お年玉へのお返しは?

では、子どもがいない親戚から頂いた場合の“お返し”はどうする?

必要です

幼少期でお年玉の意味がわからず、すぐに親へ渡す頃から、
その場では、貰った本人から「ありがとう」の礼を伝えること
はもちろんですが、親からもお礼を伝えてくださいね。

その後、一週間以内に菓子折りなどを贈るようにしましょう

もしも住まいが、近所で時々会うような関係でしたら
美味しいと話題のお菓子を持参してもいいでしょうね。
その際、お年玉のお礼のことばも添えて・・・

まとめ

お年玉の習慣というのは、本当に面倒ですし、
年々出費もばかになりません。

しかし、子ども達にはお正月の最大の楽しみのひとつです。
「その楽しみを奪っていいのか」のこころの葛藤もあります。

いずれにしても、ご親戚とのお付き合いの仕方を考慮し、
後々トラブルのない様にして行きたいものです。

 

子どもへのマネー教育は必要か?電子マネーを考える

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑