インフルエンザにかからないための4つのポイントとは?

公開日:  最終更新日:2017/01/21

263070
毎年毎年、日本国内で1千万人以上がかかるといわれる国民的な
病気になったインフルエンザ。

かかると辛く苦しいインフルエンザにかからないよう、4つの
ポイントにまとめてみました。

スポンサードリンク

1.手洗い・うがいの徹底

インフルエンザのウイルスが付着したもの(ドアノブ、手すり等)
に触れた手で鼻や口に触れることで、感染の原因にもなるので、
手洗いは感染予防に大変効果的です。

特に、インフルエンザのウイルスは“石けん”に弱いので、石けん
を使って、指の間や親指の根元を丁寧に洗いましょうね。
洗い残しがないように隈なく洗い、水道の流水で20秒以上かけて
洗い流すのがポイントです。

また、まわりの感染者の咳などで、空気中に飛散しているウイルス
を知らず知らずに吸い込み、ノドの粘膜にウイルスがくっついて
いる場合があるため、外出から帰ったときには、“うがい”は
スゴク効果があります。

このときの“うがい”は、うがい薬よりも常温の水道水(カルキの
殺菌作用により)または、ぬるい薄めの緑茶がいいですね。

2.マスクの着用

空気が乾燥するとノドの粘膜の『防御機能』が低下してくるので、
インフルエンザにかかりやすくなります。

インフルエンザが流行してきたときには、人ごみや繁華街にでる
ことはなるべき避けて、どうしても外出する場合には、マスクを
着用しましょう。

スポンサードリンク

その場合は、鼻と口をピッタリと隙間なく覆うようなマスクが
より効果的です。(コンビニでも売っていますよ)

3.適度な湿度を保つ

乾燥した空気は、インフルエンザウイルスが最も好む環境です。

また、ノドが乾燥すると防御機能が低下して感染しやすくなる
ようです。

そこで、部屋の中が乾燥しないように、湿度は50%~60%
を保つように、加湿器等を使うか、加湿器がない場合には、
バスタオルを濡らして、部屋のなかでの部屋干しでも湿度を
上げることができます。

ちなみに、寒い時期の出張先での対策としては、ホテル内の
バスタオルを濡らして部屋干しすることで、かなりの効果が
あります。

4.ワクチンの接種

4つのポイントの最後としては“やはり”インフルエンザの
ワクチンの接種が極めて大事です。

ただし、「インフルエンザのワクチンをしたから感染しない。」
ということはありません。

あくまで、インフルエンザワクチンには感染後に発病を軽減
させる効果と、発病した場合の重症化防止効果が多く報告
されています。

また、インフルエンザワクチンには個人差がありますが、
一般的にはワクチン接種後2週間より効果が現れ、約6カ月
持続するとされています。

まとめ

今回は、この4つのポイントに絞った形にまとめましたが、
完璧ではありません。

やはり、ご自分の身体に「ウイルスに対する抵抗力」を
高めるために意識を変えることも大事です。

それは、『睡眠不足とバランスのとれた食事』に気を付ける
意識作りです。

では、しっかりとした対策でこの冬を乗り切りましょうね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑