飲みかけのペットボトルは危険がいっぱい!

公開日:  最終更新日:2017/05/30

—«”¼ƒYƒ{ƒ“_‹‚¢

街中の自動販売機やコンビニで、気軽に買える「ペットボトル飲料」。

いろいろな種類も多く、キャップがしっかりしていて倒しても漏れないため、
小さな子どもがいるママにとっても便利なものですよね♪

 

しかし、この便利さがアダとなって、思わぬ病気やケガに?がることも
あるんです。

特に、なぜケガ?と思われる方が多いと思いますが、その危険性に
ついてお伝えします。

スポンサードリンク

開封と同時に汚染される?

ペットボトルに限らず、ビン詰めや缶詰、様々な加工食品は開封と同時に
外気(空気)に触れます。

 

外気にはその場所により、様々な細菌などに汚染されます。

なお、この細菌は一般的な菌が大半で病原性がないのでご安心ください。

 

しかし、ペットボトルを含む飲料製品や食品の容器には“賞味期限”と共に
「開封後は賞味期限に関わらずできるだけ早くご賞味ください。」
などの文面が記載されています。

この賞味期限はいくつもの要因により決定されています。

 

一般的なものは、細菌や微生物の繁殖などによる劣化は少しづつ広がりますが、
一定の期間であれば、食しても安心だということですね。

 

ヒトはバイキンだらけ?

ヒトの体内には、常在菌と呼ばれている細菌が非常に多く住み着いています。

昨今は、腸内フローラの話題により、細菌がいるのは腸の中だけとのイメージ
が強いですが、実際はヒトの身体のいろんな場所に潜んでいます。

スポンサードリンク

 

なお、常在菌は、それぞれバランスを保って生きています。
従って、体内に非常に多くの細菌がいるにも関わらず病気にならないのですね。

 

しかし、ヒトの身体から一度離れ、別の場所で増殖したのち、再び体内に
戻ると病原性菌を発揮することもあります。

474452

飲みかけのペットボトルで大ケガ?

炭酸飲料ではない飲みかけのペットボトルを放置していたら破裂してケガを
負うケースが多数報告されています。

 

キャップも進化しており、キャップをキチンと閉めると完全に密閉され、
ペットボトル内で細菌が凄い勢いで繁殖しています。

 

夏場だけではなく、冬場でも日が差す場所に飲みかけのペットボトルを置いて
おくと、数時間で破裂(爆発)する場合もあるようです。

 

飲みかけのペットボトル飲料は、必ず冷蔵庫で保管することが重要です。

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

まとめ

普段から便利でついつい買ってしまう「ペットボトル飲料」。

できれば、コップに注いで飲むことにしたいものです。(面倒ですが)

また、ペットボトルに自分の口が触れないように、上を向いて流すように
すれば、菌も付かず安心出来きますね♪

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑