子供に運動会の日焼け対策は必要?

公開日:  最終更新日:2017/01/21

165586
運動会、といえば以前は当然のように秋がでしたが、最近では
6月上旬に開催するところが増えていますね。

どちらにしても、昼間は暑い暑い季節。

お天気が良ければ、ギラギラ太陽が待っています。

親は、運動会当日の1日だけでいいですが、子ども達は毎日毎日
運動会の練習で、この太陽に照らされ続けます。

昔は、子供のうちは日焼けした方が元気になると言われていましたが
本当にそうなんでしょうか?

スポンサードリンク

子供の日焼けは大丈夫?

答えからいうと、紫外線対策は“必要”です!
しかも、重要なことです。

その理由は、以下のとおり。

理由1

1980年代に、地球環境の変化などにより、紫外線が「皮膚がん」や
「皮膚の老化」の原因となることが証明されてきて、おとなへの
紫外線対策は充実してきました。

理由2

子供には、「骨形成を助ける」や「皮膚の殺菌作用」のために、
日光浴をさせたほうが良いとの意見が多かったのですが、
紫外線は1日10分で十分に骨形成を助けること等が判ってきました。

これらのことにより、国も母子手帳に記載の「日光浴のすすめ」の
文言を1998年から無くし、紫外線対策が子供の頃から必要だという
ことが一般的に知れ渡りました。
120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

子供に必要以上の紫外線は危険?

シミやシワは、おとなの病気のイメージがありますが、おとなより
子供の頃の方が、皮膚の細胞分裂が盛んであるため、遺伝子の異変
が出やすい時期でもあります。

子供の頃に日焼けをすると、20歳頃から皮膚の老化現象が出始める
ことが多くなるといわれています。

スポンサードリンク

ですから、子供の日焼け防止(紫外線対策)は、将来の皮膚の老化
予防のためにも大事なことなんですね。
6acaf1b2a6fd6fd74899f3b80a5eed9c_s

子供の紫外線対策は?

おとなの紫外線対策としては、「長袖シャツ」、「つば広帽子」、
「日傘」、「サングラス」そして「日焼け止めクリーム」などが
一般的に使用されています。

でも、意味が理解できない子供は非常に嫌がりますよね。

残念ながら子供には「日焼け止め」を使った方法しかないのが現状です。

しかし、子供の肌は、おとなの肌とは違い、非常にデリケートです。
日焼け止め効果(SPAやPA)の強いものだと刺激が強く、かぶれたり
ベトつくのを嫌がります。

このことを考え、出来る限り低刺激性のベトつかないものを選ぶこと
が大事になります。

例えば以下のものがおススメです。

乳幼児や肌の弱い大人の方へ2e Baby Plus UV Protect(ドゥーエベビープラスUVプロテクトミルク)…【楽天市場】

乳幼児から肌の弱いおとなの方向けの「保湿効果」と「紫外線防止」を
兼ね備えたものです。
ミルクローションとしても、しっとりとした仕上がりで、塗っても白く
ならない日焼け止めとして人気があります。

 

ゆうメール発送OK!/日焼け止め/はっぴーONE/沖縄のロハス商品アロマの日やけ止めDX SPF24 PA+++…【楽天市場】

2009年から大ヒット中の「アロマの日焼け止め」のバージョンアップ版。
無添加で、沖縄の自然の恵みを沢山使った乳液タイプで、臭さもなく
優しい香りなので子供も嫌がりません。
特に、SPF24なので、日焼け止め効果が約5~6時間も期待できる一品です。

まとめ

運動会の練習は、数週間ほど続きます。

昼の遅い時間からの練習の場合もあるので、日焼け止めを自分で塗れる
ように家庭で練習しておいた方が良いかと思います。

紫外線対策をバッチリして、運動会を思いっきり楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑