花粉と黄砂の見分け方は?

公開日:  最終更新日:2016/01/20

330810
春が近づくと花々が色付き気持ちまで明るく感じます。

しかし、同時に花粉症などのアレルギー体質の方は私も含め
くしゃみや目のかゆみ等の辛い季節でもあります。

また、特に西日本の各地では黄砂による健康被害も多く発生します。

さて、花粉と黄砂、どちらも黄色い粉ですが違いがわかりますか?

ここでは簡単な見分け方と注意点をお話しします。

スポンサードリンク

花粉と黄砂の見分け方

1.花粉

花粉は“杉(スギ)花粉”をはじめ、いろんな植物の種類によって
「細かさ」「色」など様々ですが、植物の『おしべ』で作られ、
風で舞い上がって飛んでくるものですからかなり軽いものです。

家の屋根や車のボンネットなどに付着した黄色い粉が、花粉であれば
ふ~っと息を吹きかけるだけで直ぐに舞い上がって行きます。

スポンサードリンク

また、水で濡らした指でこするとネットリします。

2.黄砂

黄砂は中国の大陸にある砂漠の砂が風で舞い上がったものの中で
細かい粒子の砂だけが日本まで飛んできます。

しかし、いくら粒子が細かくても砂は砂です。
指でこすってみると固くザラつくので直ぐに分かります。

花粉と黄砂の違いは?

花粉は、植物ですので「有機物」であり、時間が経てば腐敗して
無くなります。

黄砂は、砂ですので「無機物」であり、いくら時間が経っても
無くなりません。

黄砂の注意点

黄砂が、車や家の窓、テラスの手すり等に付いた場合は、そのまま
拭き取ってしまうと塗装面やガラスにキズを付けてしまいます。

黄砂であることを確認した場合は、水で十分に洗い流したあと
拭き取るようにしてください。

なお、花粉であればそのまま拭き取ってもキズは付きませんが、
水に濡れるとネットリして汚くなることがあります。

まとめ

花粉や黄砂など、昔は話題にもならなかった事が、今は毎日の
天気予報でも注意を呼びかけるような時代です。

確かに、どちらか一方でも多くなると健康被害が増えてくるので
他人事ではないですね。

少なくとも外出時にはマスクを付けて行くようにしたいものです。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑